藁半紙

管理人ごんぞー虫のお送りする気の向くままの雑感。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< まいにちいっしょ | top | 迷信なんて信じない/トロ日記 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

すごろくの話/トロ日記

まあそんなわけで意外と多いトロスキーな方々のために、まいいつからできるだけトロショットをアップしてみようと思います。
期間は決めてませんが、まあ私が飽きるまでで。
あまり膨大になるようなら、まいいつブログでもたてようか。
(そこまでしたら、ほんとどこの回しモノって感じですが)
(いやできれば仲間を増やしたいんだよ…)
(しかしダチんトコでいじったけどWiiは面白いよね、売れるのめっさ分かるわ)

ちなみに話題は一日から数日ずれます。
リアルタイムではお送りできませんのであしからず。



さて昨日のトロステーションですが、このご時世にアナログゲーム「すごろくの話」でした。ドイツのメーカーのものが多かったようです。
ドイツではこういうボードゲームの生産が盛んなんだそうですよ。
いくつか物珍しいゲームが紹介されていたんですが。


まず、魔女に取られた水晶を奪還するというファンタジー(?)なものから。


童話「星の金貨」にちなんで女の子に金貨を与えるというゲーム。


また王様に封印された童話を解放させるという変わったものもありました。
ちなみにこの最後のやつはゴールを競うのではなくて、


なんだそうです。こういうのも楽しそうですねー。

ちなみに余談ですが、日本に双六が導入されたのは平安時代で、当時は賭け事なども兼ねた大人の遊びでした。
「盤双六」といい、ルールも多種多様で今とはだいぶ違うものです。
参考サイトはこちら↓
有職装束研究【綺陽会】…http://www.kariginu.jp/
こちらの「御遊之頁」から見ることが出来ます。
廃れてしまって当時のルールは正確にはわからないんだとか。
でも面白そうだけどねぇ、これ。
まいにちいっしょ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://warag.jugem.jp/trackback/119
トラックバック

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND

仮面ライダー響鬼 VOL.1
仮面ライダー響鬼 VOL.1 (JUGEMレビュー »)

少年と青年の心の交流を描いたストーリーに癒されます。

Comment


Trackback

Other