藁半紙

管理人ごんぞー虫のお送りする気の向くままの雑感。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プレステ3 | top | 欲望と現実 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

気が付けば師走

なんか知らんがもう12月じゃないですか(ぉぃ)
別に落ちたかったわけではないのですが、何となく落ちてしまいました。
なんか皆さん精力的にやっておられるのに申し訳ない。
あ、プレステ3ですが、当然入ってません。
なんかもう何時手に入るのかも分からん状態です(笑) ←いや笑い事じゃないんだが
予約するとき「年内くらいみたいとほうが良いですかね?」なんて冗談交じりに言ってたころが遠いですよ。
とりあえずしっかりしてくれソ○ー。
全然台数足りてないから。
まだまだ頑張って生産してくれよ本当…

ここ二、三日ずっと豆子郎が食べたくて仕方ありません。
いや帰りにでも買って帰ったら良いんだがね。なんか面倒くてね。
だってあそこ18時には閉まるんだもの。
21世紀の菓子販売店舗としてその閉店時間はありえない早さでしょうよ。
そんなわけで間に合わないときも多いかったりです。
何だコレ、すごい地味な嫌がらせだろうか。

ああ、豆子郎って何だという方の為に。
http://www.toushirou.info/
(あ、本店は20時まで開いてるんだね…しかしそんなところまで行けるか)
まあようは山口で売ってるお菓子です。ういろうですね。
これで「とうしろう」と読みます。
実は菓子職人としては素人の人が立ち上げたお店らしくて、素人を意味する「子郎」に「豆」をつけた名前なんだそうです。
なんだ。音感の意味でもともとの意味に近かったのか。知らなかった(^^;←ぉぃ
これの山口での位置を例えて言うなら、北海道における「白い恋人」みたいな感じでしょうか。知名度も店舗数も全然負けてるけど。
(しかも横浜に進出してたのか豆子郎…下手な関東進出は減点対象だな)
でもここの生外郎が美味いんですよ。すぐ悪くなるので送りとかはできないんですけどね。
たまにすごく食べたくなるので、他社のういろうをスーパーとかで買ってやり過ごすか、高級感たっぷりの店舗に入って、店員の目を気にしつつ生外郎を数本だけ買って帰るか非常に悩むところなんです。
しかもお店は早く閉まっちゃいますしね。
まあ大抵は前者でやり過ごすんですが…そうか送料が安いのか。どうすべかな…。
…ちょっと送りたいところはあるんだよな。

食べ物繋がりでいま豆乳おからクッキーにもはまっています。
まあ元々はダイエット食なのですが、あれ単体でも美味いですよねー。
さっぱりしてるし甘すぎないし非常に私好みです。
えーそんなわけでダイエット効果は、食べ過ぎたら一緒なのであんま意味無かったんですが(ぉぃ)
1キロ大体3000円くらいなので、次を買うのは年明けまでは我慢しようと決めていたのに、結局また買ってしまいました。
(うーんいかんなあ…どうも財布の紐がゆるくなってるなぁ)
(たぶんプレステ3が手に入らないことへのストレスだな、これはたぶん)
(こうなると、そんなにやりたくなかったリッジレーサーが是が非でもやりたくなるから、人間って不思議だ)

あと、クッキーつながりで今年個人的にヒットだったのはこれですね。
http://tohato.jp/products/salty/
ソルティ・サブレがよりお勧めです。ほのかな塩味がなんとも言えず、甘みを引き出してくれるんですよ。

なんか最終的にお菓子が食べたいという話になってしまったな…
チョコは相変わらず食えませんが。
食べると吹き出物出る確率が上がってきてます。切ない…
何コレもうなんかアレルギーとかとでも認識したほうがいいのかな。
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://warag.jugem.jp/trackback/93
トラックバック

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND

仮面ライダー響鬼 VOL.1
仮面ライダー響鬼 VOL.1 (JUGEMレビュー »)

少年と青年の心の交流を描いたストーリーに癒されます。

Comment


Trackback

Other