藁半紙

管理人ごんぞー虫のお送りする気の向くままの雑感。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

FF12プレイ雑記2

死亡回数と逃亡回数はついに分かんなくなりました。
(従来のFFでこんなに逃げた事も死んだことも無かった!)
まあ、これを数える事に、あんまり意味ない気もします。
あれだけ簡単にぽこぽこ死ねばな。

現在のプレイ時間:16時間41分
場所:空中都市ビュエルバ
レベル:ヴァンLv.11 バルフレアLv.10 フランLv.10 バッシュLv.12
クランランク:セーフティレイバー
所持金:2048G

前回保留にしたガンビットシステムですが、かなり便利で使い勝手がいいです。
ボス戦での戦闘は、ちょっと単調になってしまうので使えませんが、むしろザコエリアでこれがあるのと無いのとでは、戦闘の手間が全然違います。
レベル上げ自体は時間掛かりますが、スティック動かして敵の側までいけば、あとは設定にしたがって、勝手にキャラが戦ってくれるのですんごい楽ですよ。

死亡回数が従来より多いといいましたが、戦闘エリアでも「←」「→」方向キーを押せば、ある程度相手のレベルやHPは分かるので、見たことない敵はそれでよく確認してから戦うと良いでしょう。
ザコエリアでもザコにまざって、たまに凄い強いのがいます。
当然そんなのに捕まれば死にます(笑)

ライセンスシステムは、はっきりいって未だに面倒くさいですが、キャラを育てたい方向に色分けできて良いといえば良いです。
ただライセンスだけでは使えなくて、魔法や業に関しても習得アイテムをいちいち買わされるのは、お金がかかって仕方ありません。
それも慣れかもしれませんが。
ミストナックについては、バルフレアとバッシュがレベル1を取得したものの、時期尚早だったかしら、とちょっと後悔。
使いどころがいまだよく分かっていません。

そんなわけで稼いでも稼いでもいつの間にか貧乏に成っている、今のところヴァンはそんなゲームの主人公です。
飛空挺が変えるのはいつの日ことやらですな。
続きを読む >>
review | comments(2) | trackbacks(0)

FF12プレイ雑記1

昨夜から微妙に寝る間を惜しんでのプレイ開始しました。
いつまで続くか分かりませんが、プレイ日記など。
GPOと違ってはじめた時期が人より遅いなんて事も無いので、まあご参考になる方もいらっしゃるでしょう。

現在のプレイ時間:3時間20分弱
レベル:ヴァンLv.5 パンネロLv.4
逃亡回数:5回(内3回失敗)
死亡回数:2回
場所:ダマルスカ王国内ラバナスタ


なんだか「かつてないほど自由度があがった」という謳い文句でしたが、どうやらそれに嘘はないようです。
プレイ自体はまだまだ序盤、ヒロインであるアーシェとも会えていませんし、まだガンビットシステムも完全稼動できてない(お店に入れない)ので、チュートリアル状態なんでしょう。
というか、まあ、一言で序盤のゲーム自体を評価するなら…

面 倒 く せ ぇ

が、的確な表現かと。
操作自体はリネージュなどの3DオンラインRPGに近い気がしますが、オンラインRPGをやったことの無い人からすれば、けっこう面食らう操作だと思います。
ビュー視点移動が360度自由になった変わりに、よくマップを確認しないと方向感覚を簡単に失いますし、気が付いたら敵が側にいたりするので、キャラがいきなり戦闘モーション(自動)をしてびっくりします。
(右上のマップに赤く敵が光っているので、ちゃんと気をつけていれば事前の戦闘回避も出来る)
戦闘自体は今までのFFと違って、敵がまあ見えているので、戦闘が開始される前に逃げようと思えば逃げれるし、戦闘中でも逃亡はできます(Lvによって失敗もするが)
何分まだガンビットシステムが使えてないので、この辺の評価はそれをやってからにしたいです。
アイテムの発見や、会話する人物の表示、出入口の発見は以前より簡単になりました。
とにかく3時間たっても(私がゆっくりやってたのもあるが…)まだチュートリアルというように、懇切丁寧に説明してくれてはいるので、しっかりその説明を読みながら慣らしていくのが一番のようです。
なのでこの「面倒くさい」という評価は、新しいことをやってる分、仕方ない面もあるので、必ずしも悪い意味ばっかりではないですね。
続きを読む >>
review | comments(0) | trackbacks(0)

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND

仮面ライダー響鬼 VOL.1
仮面ライダー響鬼 VOL.1 (JUGEMレビュー »)

少年と青年の心の交流を描いたストーリーに癒されます。

Comment


Trackback

Other